元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

メルマガ読者さんだけ大公開!

提案

 

このページはメルマガ読者さんが特別に閲覧できるページです。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

★大公開!★豊富な実績とそのノウハウや具体例!!

 

今まで私がやって成功した客単価アップのとっておきの具体例を大公開しますね!

 

 

例えば通常よくあるメニュー設定は

客単価が9000円台の料金内容は、カット+〇〇(プラスワンメニュー)が多いと思います。

 

客単価を10000円以上にする為には+〇〇(プラスワンメニュー)を、

  • プランワンメニューの金額を変える
  • さらにメニューを増やす
  • プチワンメニューを増やす

 

このように数字で見ると、何かをプラスしなくては客単価は上がりません。

 

ですが、数字を増やす事ばかりを考えてしまうと、料金のことで頭がいっぱいになり、本来美容師としての人を美しくするという楽しさがなくなります。

 

 

客単価アップの具体例!

 

私は、数字を増やすということも意識しましたが、それよりも、「デザイン」に力を入れていきました。

新しいヘアデザインを提案していくことで、そのデザインのために必要な施術が出て来ます。

 

その提案に対してお客様の期待度が高ければ高いほど、客単価も上がっていきます。

そのデザイン力をあげていったことで、お客様の期待度や満足度も上がっていき、2018年には16000円台に上がりました。

 

数字だけを無理に上げようとするよりも、お客様の似合うデザイン力を高めて提案していくことの方が良いと思います。

 

例えば

これから春にを迎えるのであれば

  • 春先にあったへデザインを提案する
  • そのデザインにあった必要な施術を提案する

 

この2点だけでも客単価は上がっていきます。これはお客様に感謝されながら客単価が上がっていく、とっておきの方法なんです!

 

実は私も苦手だった!客単価を上げるために通る道

 

私の客単価は、平均9000円台でした。でももう少し上げていくには提案力を上げていかなくてはいけないですよね?

 

でも人見知りで何を話したらいいのか分からなかった私には苦痛でした。ですが、苦手意識のある提案力をさらに上げていきました。

 

私は客単価を上げるためには、数字を意識しながらもデザイン力を高め提案した方が良い、と思います。

もう少し具体的に言うと客単価が上がっていく=提案力が高いことだと私は思っています。

 

そして、ただこちらのやりたい事を提案するのではなく、

お客様が自覚している悩み以外の、「潜在的欲求を発見」し提案していくと、感謝されます。

 

「潜在的欲求」とは?

 

潜在的欲求とは、「え!!なんでこの人は私の好みがわかってしまうの?」という本人が気がついていない欲求です。

 

提案が苦手な多くの人は、この「潜在的欲求を見つけること」が出来ずにいます。

 

とは言っても、なかなか潜在的な欲求をすぐ見つけ出すことは難しいかもしれませんね。

 

私自身も、提案が苦手な時がありました。

  • お客様の好みがわからない
  • 何を提案したらいいのかわからない
  • お客様のオーダーをこなす方が楽
  • そもそも人見知りで話せない

 

苦手だったからこそ、なんとか出来るようになりたくて、この苦手意識を克服しました。

 

二度見させるヘアスタイルを作ろう!

 

私は提案内容について、大きく範囲を広げて考えました。

お客様のヘアデザインは「二度見させるヘアスタイルを作ろう!」と決心しました。

 

そのために必要な

  • ヘアデザイン
  • デザインに必要な施術
  • 施術に必要なケア

 

こんな風に考えを広げたら提案をしやすくなりました。

 

克服した先に待っていたものは・・・

 

苦手な提案を克服したら、大きく数字が変わりました!

 

2007年度9000円台だった客単価が、2018年度には69%も増加し16000円台にまでなりました。

 

一番苦手だった、お客様とお話をし提案していくこと。それを克服したら一番の強みになりました。

 

提案力が上がった私の客単価は従業員数1000人以上の中で毎月1~3位を獲得しました。

 

一番の弱みが一番の強みに変わった。これは、私にとっても大きな自信になりました。

 

 

あることをするだけで劇的に客単価は上がる!

 

上記では「潜在的欲求」を見つけて提案すれば感謝される、と書きました。

 

お気づきかもしれませんが、この「潜在的欲求」に当てはまる「ヘアデザイン」を提案していきます。

 

でもすぐに見つけることも難しいですよね?では、このヘアスタイルの「潜在的欲求」をどうやって見つけるか?

初心者でも簡単に見つけられるんですよ。

 

ヘアスタイルの潜在的欲求の見つけ方

 

ではどうやってお客様の気がつかない「潜在的欲求」を見つけられるのかお話していきますね。

 

例えば

まずカウンセリングの段階でヘアスタイルを決めるときに下記のように進めてみてください。

 

 技術に自信がない初心者編

(1)お客様をジャンルやタイプ別に分ける(コンサバ系など)

(2)ジャンルやタイプの中から、好みそうなヘアスタイルを3点用意する

(3)悩んでいたらこの3点の中から選んでもらう

 

 技術に自信ありの上級者編

(1)今まで好んでやってきたヘアスタイルを聞く

(2)今まで一度もやったことがないヘアスタイルを聞く

(3)やってみたいけど怖くてできないヘアスタイルを聞く

(4)あえて(2)と(3)のスタイルを考えて提案する

 

いかがですか?

初心者編は、無難で失敗はしません。潜在的欲求の中では少し弱いかもしれませんが、まず達成できます。

 

もしお客様の心をぐわっと鷲掴みにするなら、上級者編がオススメです。

 

私は常に新しい提案をオススメしお客様も楽しんで提案に乗ってくれます。お客様は、新しい自分の姿に満足し、感動し、感謝されます。料金を全く気にせず、提案ができるようになりますよ。ぜひ、やってみてください。

 

美容師としてあなたの潜在的欲求も必ず満たされます。

 

ぜひ楽しみながら参考にしてみて下さいね。きっと成果が上がるはずです。

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2018 All Rights Reserved.