元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

美容室は回転率を上げて利益率を上げよう!売上が伸び悩む改善点。

 
美容室は回転率で利益率を上げよう!売り上げが伸び悩む改善点。
この記事を書いている人 - WRITER -
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル・シンディ.クロフォード・ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・テレ朝サンデーステーション・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

美容室は回転率によって、利益率も変わります。また客単価が高い、リピート率が高いだけでは売り上げは伸びないんです。

 

美容室の回転率は高い方がよく、客単価が高くリピート率が高くても売り上げは伸びません。また年間の利用回数を増やすことで回転率も上がってきます。

 

美容室の回転率を上げるには施術時間を短くする、予約管理をすることで回転率が良くなりますよ。

 

今日は私も実践してきた「美容室の回転率」について解説します。

 

 

美容室の回転率は?

 

美容室は回転率が良い方が、利益率は上がります。客単価やリピート率だけが高くても、回転率が悪ければ利益が出にくいんですよ。

 

美容室の売り上げは、客単価と客数ですが、サロンの1席あたりの回転率を上げていくことでさらによくなっていきます。

 

「売上げ=客数×客単価」になりますが、「売上=座席×客席稼働率×回転数×客単価」になります。

 

この回転数は、例えば10席あるサロンが1日30名のお客様が来店した場合は3回転したことになります。

 

この回転率を計算したい場合は、「回転率=1日の来店数÷客席数」で算出できます。

 

美容室の売り上げ

売上げ=客数×客単価

売上=座席×客席稼働率×回転数×客単価

 

美容室の回転率

回転率=1日の来店数÷客席数

 

この売り上げ予測を立てることはとても重要で、サロンの年間計画、また新規事業のための事業計画書として必要になってきます。

RIKA

 

サロンや個人で貸切オンラインレッスンはこちら ⇒サロンや個人でオンライン講習    

2017年美容室の年間利用回数は5.9回

 

美容室の年間利用回数も一つの回転数の指標になります。

 

リピート率が高くても、お客様の年間利用回数が低ければ、年間支払い額が下がりますから、利益率は良いとは言えません。

 

(*リピート率とリピーター率も混合しやすいですが、別になります。)

 

また客単価が高いだけでも、利益率は良いとは言えません。

 

 

 

美容室の年間利用回数

引用元:全国理美容製造者協会

*掲載許可を得ています。

 

 

2017年美容室の年間利用回数

年代別年間利用回数
全体平均5.9回
10代4.7回
20代5.1回
30代5.2回
40代5.7回
50代6.4回
60代7.1回

 

 

利用回数と客単価で売上はこんなに変わる!

 

売上の差は客単価だけ高くても、年間利用回数が低ければ売上は下がります。上記の客単価と利用回数によって年間売上が大きく変わります。

 

単純に客単価だけが高くても、年間利用回数が低ければ年間売上は下がってしまいます。

 

 女性客の年間売上は

 

女性客年間売上

 

 女性客の年間支払額

女性客年間売上
女性客全体28,930円
15〜19歳14,965円
20代25,880円
30代26,660円
40代26,747円
50代32,853円
60代38,171円
70代40,759円

 

 男性客の年間売上

 

男性客年間売上
男性客全体21,880
15〜19歳16,808
20代20,770
30代22,701
40代27,654
50代27,149
60代8,624
70代14,218

 

 

男性客年間売上

 

 

女性は客単価で見れば70代は低く、一見売上が上がりにくい客層になりますが、年間利用回数が最も高く年間売上も高くなります。

 

 年間売上が最も高いのは?

年代別年間売上
1位 女性70代40,759円
1位 男性40代27,654円

女性の70代はヘアデザインもショートカットが多く、ヘアケア、白髪、細毛、薄毛の対策が多くなるからだと思います。

RIKA

 年間売上が最も低いのは?

 

年代別年間売上
1位 女性15〜19歳14,965円
1位 男性60代8,624円

 

1位の女性の年代は、美容にまだお金をかけられない年代ですよね。

RIKA

 

美容室の売り上げが伸び悩む改善点

 

美容室の売り上げは、単純に客数やリピート率だけではなく、回転率や客席稼働率を含めていくと、どの部分が弱いのかがわかり改善してくことができます。

 

回転率や客席稼働率が悪ければ、予約が入っていないスタッフや暇なスタッフが出てしまいますね。

 

回転率を上げるためには施術時間を短くすることは必須です。また予約の取り方など予約管理をすることでも回転率は上がっていきます。

 

美容室の売り上げ伸び悩み改善点

  • 回転率や客席稼働率
  • 施術時間を短くする
  • 予約管理をする

 

 

 

知らないと損をする!明日からできる実践型ノウハウのメルマガ

(失客するか調べる方法の付録付き)

↓     ↓     ↓

月間35冊の無料プレゼント

値上げしないで

『119日以内に客単価を10%も上げる方法』

ふろく『単価アップと値上げの方法』無料web冊子

*10月のプレゼントです。お早めにどうぞ。

     

まとめ・・・美容室は回転率を上げて利益率を上げよう!売上が伸び悩む改善点。

 

いかがでしたか?美容室は回転率を改善することで売上が上がり利益率が上がってきます。

 

美容室の売り上げ

売上げ=客数×客単価

売上=座席×客席稼働率×回転数×客単価

 

美容室の回転率

回転率=1日の来店数÷客席数

 

2017年美容室の年間利用回数

年代別年間利用回数
全体平均5.9回
10代4.7回
20代5.1回
30代5.2回
40代5.7回
50代6.4回
60代7.1回

 

美容室の売り上げ伸び悩み改善点

  • 回転率や客席稼働率
  • 施術時間を短くする
  • 予約管理をする

 

RIKAはこう思うよ。

回転率を意識しよう。

RIKA

 

どんなにがんばっても
指名売上が上がらないあなたへ

値上げをしないで

「119日以内に客単価を10%も上げる方法!」

私が築き上げたノウハウをメルマガ配信中

\無料メルマガ5大コンセプト/

1. 常連客になるカウンセリングのコツ

2. お客様に断られない提案方法

3. 単価10%アップ具体的な提案方法

4. リピート率を80%まで上げる方法

5. 理想顧客を生涯顧客へ変えていく方法

 

美容室の値上げと単価アップ
\web冊子無料プレゼント/


※月40冊数量限定です。お早めにどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル・シンディ.クロフォード・ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・テレ朝サンデーステーション・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.