元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

個人サロンはメニューで失敗する?リピートを増やす作り方。

RIKA
WRITER
 
個人サロンのメニュー作り
この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
元一流パリコレ美容師/サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

個人サロンのメニュー作りは多い方が良いと思っていませんか?結論から言うとメニューは少ない方が良いです。

 

多ければ多いほどお客さんは集まりにくくリピーターさんも増えないんです。

 

個人サロンはメニュー作りで失敗する場合、リサーチ不足があります。競合を5社以上調べることと、ターゲットもリサーチします。リピートが増えるメニュー作りは、抵抗できないほどの魅力的なメニューかどうか、ということなんです。

 

またあなたのサロンのコンセプトやUSP(独自性の強み)とずれていないかを、もう一度確認する必要があります。

 

顧客数7万人以上セッション数の長年の美容師歴で実践してきた「個人サロンのメニュー作り」について解説します。

 

このサイトではサロンに特化した『サロンマーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

 

個人サロンはメニュー作りで失敗する?

 

個人サロンはメニュー作りでは多ければ多いほど失敗します。またお客様のニーズとずれていると、集客もできないんですよ。

 

たかがメニューなんですが、メニュー作りはとても大事なんですよ。

 

よくあるパターンがお客様のニーズに合わせようとしてメニューを増やす、お客様を飽きさせないようにメニューを増やす、競合にはないメニューを多く増やす、メニューは多ければ多いほどお客様が来る、と勘違いしていることです。

 

これらは、お客様が一番来なくなるパターンです。集客できない、リピートされないということです。

 

メニュー作りの失敗例

  • お客様のニーズに合わせようとしてメニューを増やす
  • お客様を飽きさせないようにメニューを増やす
  • 競合にはないメニューを多く増やす
  • メニューは多ければ多いほどお客様が来ると勘違い

 

 

メニュー作りの失敗例

 

では1つ1つ失敗する例解説しますね。

 失敗1:お客様のニーズに合わせてメニューを増やす

お客様のニーズなんだから増やした方がいいんじゃない?と思いがちなんですが、これはコンセプトなどからどんどんずれていく可能性があるんですよ。

 

メニューを増やす時は、コンセプトやターゲット設定とずれていないか確認することが大切です。

 

 失敗2:お客様を飽きさせないようにメニューを増やす

ずっと同じメニューしかないと、お客様を飽きさてしまうんじゃないかというのも勘違いなんですよ。お客様が来ないのは、メニューの内容ではないということです。

 

むしろ増やしすぎると、”選べない”し、選ぶ理由がなくなるんですよ。お客様からすると、コンセプトやUSP(独自性の強み)が見えなくなってしまうんですよ。

 

 失敗3:競合にはないメニューを増やす

競合にはないからと変わり種のメニューを作ったり、増やしたりすることも反応が悪くなります。これも十分なリサーチをする必要があるんですよ。

 

ターゲットがニーズ以上に本当に欲しいと思っているかを、リサーチします。

 

 失敗4:メニューが多ければ多いほど良いと勘違い

メニューを増やせば、そのメニューを求めてお客様がやってくるというのも間違いですね。上記しましたが、多すぎるメニューは強みがないのと同じことなんです。

 

お客様が選べなくなる、ということですね。例えば飲食店へいくと、たくさんあるメニューの中でもついオススメメニューを選んでしまいますよね。

 

メニューそのものを少なくして、セットメニュー(売れるメニュー・オススメなど)を1〜2つくらい用意すると良いですよ。

 

コンセプトやターゲット、USP(独自性の強み)は後述しますね。

 

上記を見るとお客様本位でメニュー作りをしているように見えますよね。でも実は自分本位でメニュー作りになってしまっています。

RIKA

 

リピートが増えるメニューの作り方

 

リピートが増えるメニュー作りはちゃんとあり、理由もあるんですよ。

 

そもそもなんですが、メニュー作りはサロンのコンセプト・ターゲット・USP(競合にはない独自性の強み)から、作り出すことなんですよね。

 

この3つからずれて、メニューを作ってどんどん増やしていくと、お客様は来ないんです。お客様側から見ると、サロンのコンセプトや強みが見えにくくなってしまうんですよ。

 

もしメニュー作りに悩んでいるなら、まずはこの3つをもう一度洗い出してみましょう。

 

サロンを開業した時と、ずれてきていないか確認してみましょう。また、当初と変化することは間違ってはいないですよ。少しずつ修正していくことでより強くなっていきます。

 

リピートが増えるメニュー作りの基本

  • コンセプトを洗い出す
  • ターゲットを設定する
  • USP(独自性の強み)を見つける

 

そのメニューはターゲットである見込み客が、喉から手が出るほどやってみたいと思うメニューかどうかということです。

RIKA

 

 

リサーチを十分にすることで失敗しない

 

メニュー作りは十分にリサーチすることから始めましょう。リサーチをすることで、迷うことなくメニューを作れますよ。

 

リサーチすることは、競合サロンを調べることと、ターゲットも調べます。

 

失敗しないためにはリサーチする

  • 競合
  • ターゲット

 

リサーチ

 

では少し詳しく解説しますね

 

 競合をリサーチする

競合サロンをリサーチする時はメニューはもちろんですが、コンセプトやターゲットとUSP(独自性の強み)を調べてみてくださいね。

 

1社だけでなく、5社ほど調べてみてくださいね。そうすることで他社との違いや、独自性の強みを再認識すると思いますよ。

 

競合をリサーチ

  • コンセプト・ターゲット・USP
  • メニュー
  • 価格
  • 5社以上リサーチ

 

 ターゲットをリサーチ

肝心のターゲットについてリサーチをしないと、ニーズとずれていないかどうかを調べる必要がありますよね。

 

ターゲットとなる見込み客なんですが、実在でも良いですし架空でも良いんですよ。ただあまりにもおおざっぱにしないことです。

 

20〜50代までの女性⇒×ですよ。リサーチする上で、ターゲット設定をするとコンセプトも必然的に見えてきます。

 

 

ターゲット設定

  • おおざっぱにしない
  • 名前(仮名)・年齢・住所(地域)・職業・年収・趣味・好き・嫌い・その他

 

例えば好きな雑誌、よく使うSNS、好きな香水、好きな食べ物、お金に対しての考え方、おこずかいなどなどです。

RIKA

 

まとめ・・・個人サロンはメニューで失敗する?リピートを増やす作り方。

 

いかがでしたか?個人サロンのメニュー作りはリサーチをして、自分のポジショニングをするとうまくいきますよ。

 

メニュー作りの失敗例

  • お客様のニーズに合わせようとしてメニューを増やす
  • お客様を飽きさせないようにメニューを増やす
  • 競合にはないメニューを多く増やす
  • メニューは多ければ多いほどお客様が来ると勘違い

メニューそのものを少なくして、セットメニュー(売れるメニュー・オススメなど)を1〜2つくらい用意すると良いですよ。

 

リピートが増えるメニュー作りの基本

  • コンセプトを洗い出す
  • ターゲットを設定する
  • USP(独自性の強み)を見つける

 

失敗しないためにはリサーチする

  • 競合
  • ターゲット

 

競合をリサーチ

  • コンセプト・ターゲット・USP
  • メニュー
  • 価格
  • 5社以上リサーチ

 

ターゲット設定

  • おおざっぱにしない
  • 名前(仮名)・年齢・住所(地域)・職業・年収・趣味・好き・嫌い・その他

 

RIKAはこう思うよ。

リサーチすることを怠ってはいけないよ。

RIKA

どんなにがんばっても指名売り上げが上がらないあなたへ

値上げをしないで

「119日以内に客単価を10%も上げる方法!」

指名技術200万プレーヤーの私が築き上げたノウハウを

総ページ100ページ以上の大ボリュームWeb冊子にまとめました。

明日から実践できる、反応率4倍の集客方法、カルテの数値化や超具体的な提案方法が学べます。

無料web冊子で学ぶことで、いつでも明日から実行すればすぐに反応率4倍になります。

WEB冊子から1ページずつ送られてきます。あなたは読んで実行するだけです。

 

□ お客様の声  

キャリアコンサルタント美咲珠莉様

中略

カルテを作ろう!の章から以降、はっきり言って有料レベルです!どの項目を分析するか、なぜ分析するかまでしっかり書いてあって、無料で読んでしまい申し訳ない気持ちになったほどです!

顧客に関する「ストーリー」をみつけて付加価値のある提案を練る最強のネタ帳ですよね!

 

客単価アップ向川利果

この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
元一流パリコレ美容師/サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.