元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

最悪!美容室のトラブルはカウンセリング不足?4つの回避策と具体例。

向川 利果
WRITER
 
美容室のトラブルは回避できる
この記事を書いている人 - WRITER -
向川 利果
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!プロデューサーRIKA(  @rich.beauty.tokyo)です。

 

美容室のトラブルで多いのが、カラーやパーマの施術問題や、皮膚トラブルではないでしょうか。

 

こういったトラブルは事前に回避できます。これらのトラブルはカウンセリング不足によりることが多いんですよ。

 

美容室のトラブルはカウンセリング不足が原因!4つの回避策は悩みや希望を掘り下げて聞く、アレルギーの有無・病歴・体調 、過去1年〜2年の施術内容、ライフスタイルの確認です。

 

長年の美容師歴で実践してきた「美容室のトラブル回避」について解説していきます。

 

このサイトでは美容師に特化した『美容師マーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

美容室のトラブルはカウンセリングが原因

 

美容室のトラブルで多いのは、カラーやパーマなどの施術問題や皮膚トラブルだと思います。

 

施術の場合、短くなりすぎた、カラーが発色してない、パーマがかかっていない、縮毛が伸びていない、などありますよね。

 

こいった場合は技術力不足もあるとは思いますが、技術力が高くてもカウンセリング不足によって希望通りにならなかった、ということが考えられます。

 

お客様側と美容師側のヘアスタイルを共有できずに、ヘアスタイルを作ってしまう問題です。

 

またアフターフォロー不足で作りっぱなしになってしまい、ダメージを促進させてしまうこともあります。

 

皮膚トラブルもカウンセリング不足によって回避できます。

 

トラブルの原因

  • カウンセリング不足
  • ヘアスタイルを共有していない
  • アフターフォロー不足

美容師の質が高いカウンセリングはこちら
美容院の質の高いカウンセリングは感動し永久客が増える。

 

 

コロナで自宅待機?!サロンや個人で貸切オンラインレッスンはこちら ⇒サロンや個人でオンライン講習    

トラブル回避できるカウンセリング内容は4つ!

 

カウンセリングはどの程度やっていますか?「今日はどうなさいますか?」や「やりたい髪型はありますか?」など、簡易的で単純なカウンセリングをしていませんか?

 

カウンセリングでは悩みや希望をまず掘り下げて質問しますが、アレルギーの有無や体調の変化や病歴、過去1年〜2年の施術内容や、ライフスタイルを聞いていく必要があります。

 

トラブル回避できるカウンセリング内容はポイント4つ

[ポイント1] 悩みや希望を掘り下げて聞く

[ポイント2] アレルギーの有無・病歴・体調

[ポイント3] 過去1年〜2年の施術内容

[ポイント4] ライフスタイルの確認

 

簡易的にカウンセリングしてしまうと、トラブルの原因を自ら作ってしまいます。

RIKA

売れる美容師のカウンセリング方法はこちら
売れる美容師のカウンセリングとは?指名される美容師はここが違う!

 

[ポイント1]悩みや希望を掘り下げる

 

私がオススメするのは、カウンセリングを3つに分けて考えるとわかりやすいと思います。私はこの方法でほとんど大きなトラブルはありませんでした。

 

パーマがとれた、カラーが発色してないなどの技術のお直しはもちろんありますが、お直しができないほどのトラブルはありませんでしたよ。

 

カウンセリングの基本はお客様がどんなことに悩み、希望を持っているのかを明確に聞き出すことです。口頭で質問するだけでなく、具体例や視覚化させていくと良いですよ。

 

写真やイラストを使う、具体例を使って質問しお客様が気がついていない問題を見つけていきます。これはプロの視点で見ていくことが大切ですね。

 

お客様は素人ですから間違った情報を信じていることも多いですし、幼い頃のトラウマを引きずったまま悩みを抱えていることも多いんですよね。

 

悩みや希望の引き出し方

  • 具体的な例を使っていくつか質問する
  • 幼い頃の髪に対するトラウマを聞く
  • 写真やイラストを使って視覚化させて質問する
  • 今まで嫌だった髪の経験を聞く

 

悩みを技術で解決していくことが美容師としての仕事ですから、表面上の悩みだけでなく潜在的な悩みや希望を聞き出すことが大切ですね。

RIKA

プレカウンセリングはこちらの記事を読んでくださいね。
→[テンプレートあり!]美容室のリピート率を上げる「新規のカルテ」ポイントや具体例大公開!

 

[ポイント2]アレルギーの有無・病歴・体調の確認

 

アレルギーの有無・病歴や体調は毎回確認した方が良いですよ。カルテにも毎回記載していくことをお勧めします。

 

長年の経験からすると、薬液の皮膚トラブルはほとんどカウンセリング不足ですね。カウンセリングで毎回確認できていれば大きなトラブルになることは回避できますよ。

 

花粉症などの些細なアレルギーもタンパク反応を起こしてしまうこともあります。ヘナは特にタンパク質に反応してアレルギーを起こす方もいます。

 

体調の変化では、風邪や生理などでも薬剤反応がいつもと違う反応をしますね。

 

また病歴を聞くことも大切です。心身の変化で今までトラブルがなくても急に変化することはよくありますよ。女性の場合は更年期に差し掛かる45歳くらいから皮膚の変化があり、トラブルになりやすいです。

 

睡眠不足やストレスでも、体や頭皮が痒くなったりしますから必ずパッチテストをします。合わせて、頭皮を毎回確認することも必要です。かき傷や湿疹も治りにくい人もいます。

 

アレルギーの有無

  • 今まであったアレルギー反応(どんな小さなものでも確認する)
  • 金属・植物・紫外線・花粉症・薬物など

 

病歴

  • 投薬されている病気
  • 通院している
  • 過去の病歴

 

体調

  • 睡眠不足やストレス
  • 暴飲暴食
  • 生理や更年期

 

男性美容師が女性客に対してデリケートな部分を聞けない場合は、女性アシスタントにさりげなく聞いてもらうなどした方が良いですね。

RIKA

ファーストカウンセリングについてはこちらの記事を読んでくださいね。
→美容室のリピート率が上がる感動の「カウンセリング方法」教えます!

 

[ポイント3]過去1〜2年の施術内容を確認

 

新規客の場合、過去1〜2年の施術内容を細かく確認していくことをお勧めします。

 

ロングの場合は2年分を確認する必要がありますよね。新生毛と既存毛ではダメージしているレベルがかなり違いますよね。

 

バージン毛ならまだ良いですが、ほとんどの場合2年の間にパーマやカラー、縮毛を数回〜10回以上繰り返していますよね。

 

また、ホームカラーやホームパーマ、ホームストレートなどを1回でも行なっていると、影響があります。

 

特にホームカラーは厄介で、ジアミンやノンジアミンにかかわらず染料の中にどんな補色が混ざっているかは、判断が難しくなりますよね。

 

ここ数年はトリートメントカラーが出回り、施術の薬剤に影響が出てしまいますね。

 

過去1〜2年の施術内容の確認

  • カラー・パーマ・縮毛
  • ホームカラー・ホームカラー
  • トリートメントカラーの使用の有無

 

素人のお客様はわかるはずもなく使用していますし、色味を確認してもメーカー側の造語に過ぎない場合もあります。

RIKA

アフターフォローについてはこちらの人気記事
⇒美容師が新規の指名増やすための重要ポイント4つと具体的にやること3つ!

 

 

[ポイント4]ライフスタイルの確認

 

どんなライフスタイルを送っているかも確認した方が良いです。

 

例えばブローやスタイリングが苦手で不器用なお客様に、スタイリング必須なヘアデザインを提供しても自分で再現できないですよね。

 

また睡眠不足やストレス過多、暴飲暴食なども体からの栄養がないために髪にハリがなく悪影響があります。

 

根掘り葉掘り聞くのはよくないですが、最低限度のことを聞いたら「今日の施術に影響があるのでの参考にしたい」と付け加えると良いです。

 

ライフスタイルの確認

  • 睡眠不足やストレス
  • 生活習慣
  • 髪に手間をかけるかどうか
  • 参考にしたい理由を伝える
  • デリケートな質問内容は気をつけて聞く

プライベートなことを意味もなく聞かれることは、警戒心も出るし話したくない人も多いですよね。特に女性は本能的に警戒心を感じてしまうものです。

RIKA

 

美容師の良い会話術についてはこちら
美容師の良い会話術は話す前から始まっている!心を配る会話とは?

 

カルテに記載で回避

 

カルテはつけていますか?施術内容はもちろんですが、上記した内容を確認したらカルテに毎回記載することでストックできますよね。

 

小さなことも記載し続けることで、同じことが起きてもトラブル回避できますよね。

 

私は個人のカルテ以外も、難しかった施術や小さな問題解決した内容を一つのノートにまとめていました。

 

そうすることで慌てることもないし、トラブルを未然に防ぐことができますね。

 

また、サロン内で共有することも大切です。朝礼や終礼でシェアし、ミーティングで議題にしても良いと思いますよ。

 

一つ一つ問題を解決していくことで、良い技術者になれると思います。

RIKA

美容師が4回目に失客しやすい原因について詳しく書きました
美容師に多い4回目に失客する法則とは?永久指名される仕掛け。

 

 

顧客を増やして単価アップできる!明日からできる実践型ノウハウのメルマガ

↓     ↓     ↓

月40冊の無料プレゼント!

顧客化しながら単価アップする実践型ノウハウ

値上げしないで

『119日以内に客単価を10%も上げる方法』

\171人がダウンロード♪/

メルマガ登録新特典

コロナでも客離れしないポイントweb冊子

*限定のプレゼントです。お早めにどうぞ。

     

まとめ・・・最悪!美容室のトラブルはカウンセリング不足?4つの回避策と具体例。

 

なるべくトラブルを作らないようにしたいものですよね。ほとんどの場合はカウンセリング不足で起こってしまっています。

 

トラブルの原因

  • カウンセリング不足
  • ヘアスタイルを共有していない
  • アフターフォロー不足

 

トラブル回避できるカウンセリング内容はポイント4つ

[ポイント1] 悩みや希望を掘り下げて聞く

[ポイント2] アレルギーの有無・病歴・体調

[ポイント3] 過去1年〜2年の施術内容

[ポイント4] ライフスタイルの確認

 

カウンセリングオススメ記事

プレカウンセリングはこちらの記事を読んでくださいね。
→[テンプレートあり!]美容室のリピート率を上げる「新規のカルテ」ポイントや具体例大公開!

ファーストカウンセリングについてはこちらの記事を読んでくださいね。
→美容室のリピート率が上がる感動の「カウンセリング方法」教えます!

アフターフォローについてはこちらの人気記事
⇒美容師が新規の指名増やすための重要ポイント4つと具体的にやること3つ!

売れる美容師のカウンセリング方法はこちら
売れる美容師のカウンセリングとは?指名される美容師はここが違う!

美容師の質が高いカウンセリングはこちら
美容院の質の高いカウンセリングは感動し永久客が増える。

RIKA はこう思うよ。

回避できることは未然に防ごう。

RIKA

 

どんなにがんばっても
指名売上が上がらないあなたへ

値上げをしないで

「119日以内に客単価を10%も上げる方法!」

私が築き上げたノウハウをメルマガ配信中。

コロナでも客離れしないポイント
「サロンロードマップweb冊子」を無料プレゼント

 

美容室のコロナ対策とロードマップ作成

\171人がダウンロード♪/
web冊子無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
向川 利果
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.