元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

美容室の店販は利益出るの?実はリピートされ失客も防ぐ!

向川 利果
WRITER
 
美容室の店販利益
この記事を書いている人 - WRITER -
向川 利果
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル・シンディ.クロフォード・ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!プロデューサーRIKA(  @rich.beauty.tokyo)です。

 

美容室の店販の利益は出ないと思っていますか?店販率は10%を目指すと良いとよく言われますね。

 

私は店販率とリピート率は連動していると思っています。リピート率が高いということは、お客様の信頼性が高く、オススメ商品は買っていくことになります。

 

美容室の店販は利益が高い方がリピート率も高いです。店販率が高いということは、お客様の信頼度が高いということです。またカウンセリング力が高いために、失客も防ぎます。

 

私が長年の美容師歴で実践してきた「美容室の店販の利益が高いとリピート率も上がる」ことについて解説していきますね。

 

このサイトでは美容師に特化した『美容師マーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

美容室の店販の利益は高い方が良い

 

美容室の店販の利益に対する考え方はいろいろありますね。一般的なサロンの店販の比率は5〜8%くらいでしょうか。

 

店販率10%を目指すということはよく聞くと思いますよね。

 

オーナーさんや店長さんとお話をすると、「利益が出にくい」「材料費がかかる」から店販に力を入れていないというお話しされます。

 

ですが、店販率は上げれば上げるほど利益は出ますよ。利益率だけではなく、店販によって出る費用対効果が大きいと私は思っています。

 

店販比率の計算

店販売上÷総売上=店販比率

美容室の店販率についてはこちらを参考にしてみてくださいね。
サロンの店販率の平均は?5%以下は顧客満足度が低い黄色信号。

 

 

サロンや個人で貸切オンラインレッスンはこちら ⇒サロンや個人でオンライン講習    

販売することで本当に利益は下がる?

 

店販は仕入れ金額以外のコストはかからないですよね。ただその仕入れ金額である材料費をどう抑えるかという問題がありますね。

 

店販の売上が高かった翌月は材料費が高騰することで、慌てるということがよくあると思います。

 

また材料費も店販に対する材料費と施術にかかる材料費はまた違いますよね。

 

店全体の材料費率

材料費÷売上高=材料費率

 

技術材料比率

技術材料費÷施術費=技術材料費率

 

例えば月に100万円の売上で営業利益が10万だった場合、もし店販を売らずにいれば利益は上がらないですよね。営業利益は10万のままです。

 

店販率が高ければ高いほど、営業利益は出ます。販売利益がそのままお店の利益につながりますよね。

RIKA

 

サロンの店販のメリットについてはこちらの記事を参考に読んでみてくださいね。
サロンの店販はメリットはある?店販率は顧客満足度に比例する。

 

物売りが苦手な美容師達

 

商品を売るということがとても苦手という美容師が多いですよね。私もそうでしたが、店販の売上は歩合率も低いし、提案をして売っていくことが苦手でした。

 

店販を頑張ることに、意味を感じなかったんですよね。お客様に押し売りをしているんじゃないかとか、提案することで失客に繋がるんじゃないかなど思いました。

 

技術を売っているから、商品を売ることに抵抗があった時期もありましたよ。

 

店販は美容師にとって、メリットがないように感じていました。

 

店販が苦手な理由

  • 店販歩合が低い
  • 押し売りして失客しないか
  • 提案するのが苦手
  • メリットが少ない

お客様にとっても、自分自身にとっても不利益かなと思っていましたよ。

RIKA

美容師の店販の売り方具体例はこちら
美容師が苦手な店販は一流が売る方法で10倍売れる具体例つき!

 

 

店販の利益が高いとリピート率が高い

 

店販はメリットの方が大きいです。

 

店販率が上がるともちろん材料費も上がりますが、営業利益も上がります。

 

私はそれ以上に、お客様との信頼や安心感と絆が生まれると思っています。そんな風に体感しました。

 

お客様が私から商品を買うときは、信頼しているから買うんですよね。「リカさんのオススメはなんでも買う」という方がほとんどでした。

 

店販の比率だけでなく、お客様の購入比率もとても良かったです。店販比率は金額で出しますが、購入比率は総顧客の中からどのくらいの購入者がいるかわかります。

 

金額の問題ではなく、お客様の綺麗度数が高まった、信頼度数が上がっているということにつながってきます。

 

リピート率が高いと店販率も高くなってきます。信頼構築しているので失客率も低くなります。

 

 

店販のメリット

  • 営業利益が上がる
  • 仕入れ以外のコストがない
  • 信頼度数がわかる(購入率)
  • リピート率が高い証拠
  • 失客率が低くなる

 

カウンセリング力が高く提案力も上がってくると、店販力も上がりますよね。

 

私は店販率が上がってから、お客様の信頼度も高まったと思います。何より、信頼されてるって嬉しいですよね。

RIKA

 

 

顧客を増やして単価アップできる!明日からできる実践型ノウハウのメルマガ

↓     ↓     ↓

月40冊の無料プレゼント!

顧客化しながら単価アップする実践型ノウハウ

値上げしないで

『119日以内に客単価を10%も上げる方法』

\414人がダウンロード♪/

メルマガ登録新特典

コロナでも客離れしないポイントweb冊子

*11月のプレゼントです。お早めにどうぞ。

     

まとめ・・・美容室の店販は利益出るの?実はリピートされ失客も防ぐ!

 

いかがでしたか?店販がとても苦手だった私が18%まで上げることができました。

 

店販比率の計算

店販売上÷総売上=店販比率

店全体の材料費率

材料費÷売上高=材料費率

技術材料比率

技術材料費÷施術費=技術材料費率

 

店販のメリット

  • 営業利益が上がる
  • 仕入れ以外のコストがない
  • 信頼度数がわかる(購入率)
  • リピート率が高い証拠
  • 失客率が低くなる

 

カウンセリング力が高く提案力も上がってくると、店販力も上がりますよね。

 

店販のオススメ記事

店販に関する記事はこちらがおすすめです!

美容室の店販率についてはこちらを参考にしてみてくださいね。
サロンの店販率の平均は?5%以下は顧客満足度が低い黄色信号。

サロンの店販のメリットについてはこちらの記事を参考に読んでみてくださいね。
サロンの店販はメリットはある?店販率は顧客満足度に比例する。

美容師の店販の売り方具体例はこちら
美容師が苦手な店販は一流が売る方法で10倍売れる具体例つき!

 

RIKA はこう思うよ。

店販の苦手歴は長かった。

RIKA

どんなにがんばっても
指名売上が上がらないあなたへ

値上げをしないで

「119日以内に客単価を10%も上げる方法!」

私が築き上げたノウハウをメルマガ配信中。

コロナでも客離れしないポイント
「サロンロードマップweb冊子」を無料プレゼント

 

美容室のコロナ対策とロードマップ作成

\414人がダウンロード♪/
web冊子無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
向川 利果
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル・シンディ.クロフォード・ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.