指名技術200万プレーヤーが教える劇的数字アップ術

自宅サロンの営業時間を変えれば集客できる?あなたを優位にたたせる方法。

RIKA
WRITER
 
自宅サロン営業時間で集客 開業
この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|ヘアーメイクアーティスト。パリコレ美容師。パリ・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。他業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!リピート集客専門家の向川です。

 

自宅サロンを開業したら営業時間をどうしようか悩みますよね。

 

こんなことをチェックしてみてくださいね。

□ 自宅サロンだから営業時間は自由

□ お客様来店時だけ営業

□ 朝早くから夜遅くまで開店

 

チェックがついたあなたは今日の記事を読んでくださいね。

 

営業時間をしっかり決めた方が集客でき、売上も上がるって知っていますか?

 

自宅サロンの営業時間を「限定性と希少性」を利用すると集客でき、売上も上がります!またそうすることで優位に仕事ができます。

 

私が長年の美容師歴で実践してきた営業時間の決め方について解説しますね。

 

このサイトではサロンに特化した『サロンマーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

 

自宅サロンの営業時間を変えれば集客できる?

 

自宅サロンを開業する理由は「自由」に仕事ができるから、ですよね?勤め人にはない自由さがありますよね。

 

自分で時間を自由に決められる、隙間時間に違うことをする・・・など自由に決められますよね。

 

ですが、この営業時間をどの時間帯にするか、何時間営業にするかで集客や売上に影響があるんです。

 

例えば営業時間ですが、リサーチによって競合店は調べましたか?また、ターゲット層が日常どうやって過ごすかリサーチしましたか?

 

競合店やターゲットを知らずに営業時間を決めていませんか?

 

競合店とターゲットをリサーチすること

  • ターゲット層の日常や行動ををリサーチ
  • 競合店の営業時間をリサーチ

 

リサーチ不足かもしれない!

サロン開業前のエミさん

 

ターゲット層の日常や行動をリサーチする

 

しっかりリサーチすることでターゲットのお客様を引き寄せることができるんですよ。長い営業時間にしていつでも開店しているようにすると集客できないんです。

 

お客様の心理としては、いつでも開店しているから「そのうちに行こう・・・」と行動が鈍りますよね。

 

締め切り時間(営業時間)が存在しないと、見込み客は、このサロンはいつでも開店していると思ってしまうんです。

 

何よりも「今行かなくてもいい。気分で来てください。」と伝えているも同然ですよね。

 

ターゲットが30代女性なら、専業主婦で子持ちと独身では大きく日常の行動時間が違いますよね。

RIKA

 

競合店の営業時間をリサーチする

 

競合店がどのように営業時間を展開しているかリサーチしましょう。

 

競合店より長く営業する必要はないのです。少し時間をずらす、などするだけでも良いと思いますよ。

 

だらだらと長時間にわたり営業時間を伸ばすことは、サロンオーナーにとっても良くありませんよね。

 

長時間は避けたいです〜

サロン開業前のエミさん

 

 

自宅サロンで営業時間を曖昧にすると問題浮上!

 

自宅サロンを開業したばかりだと、まだお客様が集客できずに暇になる時間が多いかもしれませんよね。

 

集客も大事なんですが、営業時間をはっきり決めないことは弊害もあるんですよ。

 

もし家族がいるなら、自宅サロンの営業時間が曖昧だと落ち着きませんよね。

 

私の幼い頃は一時期自宅の一部を美容室として開業してました。開店していると、人の出入りがあって落ち着かなかったですね。

 

また、繁忙月などは営業時間内に終わらずに、夜遅くまで開店していました。お客様側も、自宅サロンだとわかっているので遅い時間に来ることも多かったですね。

 

また、私自身も美容師になりスタイリストデビューしたころ、集客したくて営業時間外も引き受けていました。

 

だらだらと営業時間外に仕事を入れ昼間が暇になる、という悪循環になりました。そういうお客様ばかりが増えてしまったんです><

RIKA

それは嫌ですね〜

サロン開業前のエミさん

 

長時間営業の問題点

 

営業時間を曖昧にして、長時間営業にすると家族や自分自身にも良くありませんよね。

 

時間を自由に決められるからこそ、営業時間を決めた方が良いのです。

 

競合店やターゲット層をリサーチして、営業時間を決めることは集客にもつながり、売上も上がります。

 

サロンにいた頃は、いろんな美容師さんともつながりましたし、他業種のサロンの方達にも出会いました。

 

ですが、営業時間が曖昧で、時間外営業を引き受けている人ほど集客できずに売上は上がっていませんでした。

 

結局その人たちに足りなかったのは「限定性や希少性」だったんですね。「いつでもオープン」スタイルがお客様の行動を鈍らせ、オーナー自身も疲労困憊してしまうんです。

 

営業時間の決め方によっては、不自由で不幸になってしまいますね。

ミキさん37歳

 

営業時間で優位にする方法

 

上記したように、「限定性や希少性」を出すことであなた自身が優位に立つことができるんです。

 

たとえば「今すぐ買う必要はありませんよ。ゆっくりお考えください。後日判断をお伺いします」などと言えば、在庫があるから「そのうちに」ということになりますよね。

 

それよりも締め切りを設けることで、損失に対する恐怖心はますます強くなります。

 

私自身も予約時間を短くし、お客様対応の時間は1日5時間ほどに設定しました。そうすることでお客様もその時間に合わせて予約をとるようになります。

 

予約も空白がなくなり、時間も調整し自由になります。長時間に設定するよりも、効率的だと思います。

 

私は1日にセッションする人数と時間を設定し、それ以外の予約は全部お断りしていましたよ。

RIKA

 

 

まとめ・・・自宅サロンの営業時間を変えれば集客できる?あなたを優位にたたせる方法。

 

いかがでしたか?営業時間をどう設定するかで変わってきますよね。

 

サロンの営業時間を「限定性と希少性」を利用すると集客でき、売上も上がります。また優位に仕事を進められます。

 

競合店とターゲットをリサーチすることが大切

  • ターゲット層の日常や行動ををリサーチ
  • 競合店の営業時間をリサーチ

 

RIKA はこう思うよ。
お金は増やせても時間は増やせないよね。

RIKA

 

どんなにがんばっても指名売り上げが上がらないあなたへ

指名技術200万プレーヤーの私が築き上げたノウハウを

総ページ100ページ以上の大ボリュームWeb冊子にまとめました。

明日から実践できる、カルテの数値化や超具体的な提案方法が学べます。

無料web冊子で学ぶことで、いつでも明日からでもすぐに客単価を10%あげられます。

今のうちにゲットしてください。『超豪華特典』が付いています。

詳しくはWeb冊子の最後で。

 

□ お客様の声  

キャリアコンサルタント美咲珠莉様

中略

カルテを作ろう!の章から以降、はっきり言って有料レベルです!どの項目を分析するか、なぜ分析するかまでしっかり書いてあって、無料で読んでしまい申し訳ない気持ちになったほどです!

顧客に関する「ストーリー」をみつけて付加価値のある提案を練る最強のネタ帳ですよね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|ヘアーメイクアーティスト。パリコレ美容師。パリ・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。他業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.