指名技術200万プレーヤーが教える劇的数字アップ術

危ない!美容室の平均客数と平均単価で経営困難な平均年商がわかる。

RIKA
WRITER
 
美容室の平均客数と平均単価で平均年商
この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|ヘアーメイクアーティスト。パリコレ美容師。パリ・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。他業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!リピート集客専門家の向川です。

 

危ない!美容室の平均客数と平均単価で経営困難な平均年商がわかる!早口言葉みたいになっていますが、本当のことですよ。

 

あなたの美容室が平均的に上回っていなければ、ますます経営困難に陥ってしまいます。

 

こんなことをチェックしてみてくださいね。

□ だんだん赤字に傾いてきている

□ 何を改善していいのかわからない

□ 自分のサロンはこの先大丈夫?

□ 技術やサービス面でお客様に喜ばれれば心配ない

□ 新規集客もできているから大丈夫

一つでもチェックがつくなら今日の記事を読んでくださいね。

 

 

全国の美容室の平均客数と平均単価で危ない経営の平均年商かどうかがわかります!平均年商を算出すると、1年間の平均年商は19,287,000円となります。

 

 

美容室の倒産が10年前に比べるともの凄い速さで倒産しています。平均年商は、厚生労働省やリクルートの統計発表から算出してみました。

 

私が長年の美容師歴で実践してきた、「美容室の平均客数と平均単価から見る、危ない経営の平均年商」に対する解決策を解説していきますね。

 

このサイトではサロンに特化した『サロンマーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

全国の平均客数と平均単価で経営困難な平均年商がわかる!

 

あなたは、全国の美容室の平均客数や平均単価を知っていますか?この二つがわかると平均年商が算出できます。

 

今や美容室がコンビニより多いのも、周知の通りだと思います。厚生労働省の発表によると480人に1施設という厳しい状況になっています。

美容業経営改善のポイント

(1)業界の動向

1.激しい生存競争

美容業界の美容所施設数は平成11年行こう毎年少しずつではあるが増加を続けている。

美容業界の対象人口を5歳児から74歳までと仮定して推計しても、現在の美容施設数223,645施設でカバーすると、480人に1施設の割合で出店されていることになり、激しい生存競争が行われていることが容易に分かる。

 

引用元:厚生労働省「美容業の実態と経営改善の方策」 美容業改善のポイント

URL:https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/seikatsu-eisei/seikatsu-eisei22/dl/h22/biyou_housaku.pdf

(平成24年3月)

 

 

これは1施設の客数が減っていくのは明らかですよね。客数を確保しようと新規集客をクーポンサイトによって値下げ合戦が続いています。

 

厚生労働省の統計情報やリクルートの情報から平均客数や平均単価を見てみますね。

 

厚生労働省の統計

  • 平均客数は1日10人未満

 

リクルート発表

  • 1日平均単価は6,429円

 

引用元:厚生労働省「(図8)1日平均客数別、経営主体別施設数の構成割合」

URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei22/14-02.html

 

引用元:リクルート[美容センサス2017年上期]美容室・理容室の利用に関する実態

「美容室1回あたりの利用金額 平均」

URL:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/06/RecruitLifestyle_hba_hair_2017062101.pdf

 

 

 

 

上記の平均から算出する1ヶ月平均売上

平均客単価6,429円 × 1日平均客数10人=1日売上は64,290円

1日売上64,290円 × 稼働日数25日=1ヶ月売上は1,607,250円

 

 

これはすごく単純な計算になりますが、

全国の美容室の平均年商

1ヶ月平均売上1,607,250円 × 12ヶ月=1年間の平均年商は19,287,000円

 

ただ、これだけでは本当の指標にはならないんですよね。やはり客単価だけを見て計算しても、回転数を見ないと計算が狂ってきますよね。

 

回転数によっては、1ヶ月の来客数が変わってきます。

 

客単価が6000円で年間利用回数がどのくらいか、で大幅に変わってきます。リピート率のことも視野に入れていかなくてはいけないんです。

 

この平均的な客数と単価に回転数を入れたものが、年商になってきますよね。場合によっては上記の計算よりも上がる可能性もあるし下がる可能性もあります。

算出する際は、客単価・客数・回転数がセットになってきます。

RIKA

 

 

全国の美容室の平均客数

 

厚生労働省の統計によると、平日の平均客数は10人となっています。ですが、平日と休日とではさらに変わってきます。もっと細かく見ると、0〜9人以下は全体の半数以上56.6%になっています。14人以下は79.1%になります

 

平日の1日平均客数

1日の平均客数が10人未満は56.6%、半数以上が10人未満なんですね。

 

平日1日平均客数

厚生労働省引用

引用元:厚生労働省「(図8)1日平均客数別、経営主体別施設数の構成割合」

URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei22/14-02.html

 

 

 

休日の1日平均客数

 

休日になると、やはり客数は少し上がってきます。1施設あたり平均客数は13.9人になりますね。構成の内容は0〜14人以下は78.6%ですが、15人以上になると15.9%も上がります。

 

 

休日1日平均客数

厚生労働省引用

引用元:厚生労働省「(図8)1日平均客数別、経営主体別施設数の構成割合」

URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei22/14-02.html

 

 

 

1ヶ月の客数も、稼働日数が25日であれば10人未満の平均客数からすると250人くらいになってきますよね。

RIKA

 

 

全国の美容室の平均単価

 

立地別1施設あたり客1人平均料金を見ると、立地による料金の差が971円になります。1000円近く平均単価が違います。

 

工場やオフィス街は、通勤する人が多く集まりますから帰宅前に立ち寄るということが多いのかもしれませんよね。また、お勤めされていることから、社会性のために身なりを整える回数が多いのかもしれません。

 

それに比べて住宅街や郊外になると6000円を割ります。住宅街や郊外になると、あまり外出する機会が少ないために利用回数が減るのかもしれませんよね。

 

立地別1施設当たり客1人平均料金

美容室 客単価 平均

引用元:厚生労働省「(図10)立地別1施設当たり客1人平均料金」

URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei22/14-02.html

 

 

 

1回あたり利用金額 平均(円)

美容室の客単価

引用元:リクルート[美容センサス2017年上期]美容室・理容室の利用に関する実態

「美容室1回あたりの利用金額 平均」

URL:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/06/RecruitLifestyle_hba_hair_2017062101.pdf

 

 

 

経営が危ない平均年商?!

 

こうしてみると、平均単価や平均客数が平日と休日によって多少の変動はありますが、半数以上が平均単価は6000円台、平均客数は10人満たないということです。

 

ここから算出すると、平均年商は1800万円になります。

 

これは1施設の平均数字ですので、従業員の数と生産性によっては危険信号の数字になります。もし、従業員を雇わず一人で運営していくのであればギリギリの数字ではないでしょうか。

 

この数字から税金や必要経費、個人の収入などを引きます。忘れがちなことが、店舗経営の場合はどうしても補修や改装といったことが5年以上経つと出てきます。

 

そのための資金調達を考えておかなくてはいけないですよね。借り入れができれば良いですが審査によって融資を受けることが出来ない、ということの方が多いんです。

また、自分が病気になり売上を計上できない場合の補てんも用意しなくてはいけないですよね。

RIKA

 

 

危ない経営の平均年商の解決策はこの2つ!

 

危ない経営の平均年商には解決策は二つしかないですよね。平均客数よりも人数を増やす、平均単価よりも高くすること。

 

もしくは客数か単価のどちらかを、大きく伸ばすか、ということになってきます。

 

日本人の人口は減少していますし、客数がますます増えるということは難しいですよね。

 

また、単価を上げることで客離れを恐れて出来ないということも多く聞きます。

 

解決策は2つ

  • 客数と単価を同時に伸ばす
  • 客数か単価のどちらかを伸ばす

 

まず私がお勧めする対策は、1度でも来店したことがある既存客を戻すことから始めると効果的に客数を戻すことが出来て売上が伸びます。

 

また戻しかたによっては、高単価で戻していくことが可能になってきます。

 

絶対数が少ない新規集客で、客数を増やすことには時間や労力、コストがかかってきます。

 

ですが既存客を戻すことに、時間やコストなどの労力は新規客よりも大幅に少なくなるんです。

 

まずは既存客に目を向けて再来店を狙った、リピート集客をやってみてください。短期間で効果が上がることは確実ですよ。

RIKA

 

 

まとめ・・・危ない!美容室の平均客数と平均単価で経営困難な平均年商がわかる。

 

いかがでしたか?全国の美容室の平均を見ると、かなり厳しい現状が見えてきますね。

 

厚生労働省の統計

  • 平均客数は1日10人未満

リクルート発表

  • 1日平均単価は6,429円

全国の美容室の平均年商

1ヶ月平均売上1,607,250円 × 12ヶ月=1年間の平均年商は19,287,000円

 

解決策は2つ

  • 客数と単価を同時に伸ばす
  • 客数か単価のどちらかを伸ばす

まず私がお勧めする対策は、1度でも来店したことがある既存客を戻すことから始めると効果的に客数を戻すことが出来て売上が伸びます。

 

RIKA はこう思うよ。

できることはたくさんあるよ。

RIKA

 

どんなにがんばっても指名売り上げが上がらないあなたへ

指名技術200万プレーヤーの私が築き上げたノウハウを

総ページ100ページ以上の大ボリュームWeb冊子にまとめました。

明日から実践できる、カルテの数値化や超具体的な提案方法が学べます。

無料web冊子で学ぶことで、いつでも明日からでもすぐに客単価を10%あげられます。

今のうちにゲットしてください。『超豪華特典』が付いています。

詳しくはWeb冊子の最後で。

 

□ お客様の声  

キャリアコンサルタント美咲珠莉様

中略

カルテを作ろう!の章から以降、はっきり言って有料レベルです!どの項目を分析するか、なぜ分析するかまでしっかり書いてあって、無料で読んでしまい申し訳ない気持ちになったほどです!

顧客に関する「ストーリー」をみつけて付加価値のある提案を練る最強のネタ帳ですよね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|ヘアーメイクアーティスト。パリコレ美容師。パリ・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。他業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.