元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

美容室の営業時間の平均は9.4時間?売上が69%も上がる解決策!

向川 利果
WRITER
 
美容室営業時間平均向川利果
この記事を書いている人 - WRITER -
向川 利果
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!リピート集客専門家の向川です。

 

全国の美容室の営業時間の平均って知っていますか?美容室や美容師は、時間の拘束が長いですよね。長い拘束時間で、休憩時間もほとんどないのではないでしょうか?

 

こんなことをチェックしてみてください。

□ 営業時間は長い方が集客できる

□予約はお客様の希望どうりにしている

□ 休憩は取らない

□ 練習や勉強会などで拘束される

 

こんなことが一つでも当てはまるのなら、今日の記事は営業時間の短縮に繋がると思います。

 

美容室の営業時間の平均は9.4時間!売上が69%も上がる改善策は、「高単価で回転数が多い優良顧客」を生涯顧客化することです。具体的には予約管理を徹底することです。

 

私が長年の美容師歴で実践してきた「美容室の営業時間の平均時間」を短縮し売上を69%アップした方法を解説していきますね。

 

このサイトではサロンに特化した『サロンマーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

全国の美容室の営業時間の平均9.4時間

 

厚生労働省の「美容業 結果の」美容室の1日の営業時間について平均が出ています。これによると1施設当たりの平均営業時間は9.4時間になっています。

 

厚生労働省

引用元:厚生労働省 (図6)1日の営業時間別施設数の構成割合

URL:https://www.mhlw.go.jp

 

カリキュラムについて
美容室のアシスタントはカリキュラムで辞める確率が上がる

 

 

コロナで自宅待機?!サロンや個人で貸切オンラインレッスンはこちら ⇒サロンや個人でオンライン講習    

開店と閉店の平均

 

美容室の開店時間や閉店時間について、厚生労働省の統計に出ています。施設数の構成割合を見ると「9時台」が71.1%と最も長く、閉店時間では「18時台」が最も高く50.8%です。

 

厚生労働省

引用元:厚生労働省(7)開店時間・閉店時間別施設数の構成割合

URL:https://www.mhlw.go.jp

 

 

3年で7割離職の原因と解決策
これが美容室のスタッフが3年で7割も辞める解決策と具体例。

 

営業時間の長さを改善するために

 

営業時間が長い原因は、長い営業時間に設定すればより多くの集客ができると考えて、設定している点ではないでしょうか。

 

開店や閉店の平均時間は9時〜18時が最も多い時間です。この時間設定や営業時間を上手に調整することで多くの恩恵があるんですよ。

 

例えば、プライベートや家族との時間を作ったり、結婚した女性が育児をしながらスタイリストとしてお店で仕事をしやすくするなどです。

 

営業時間が短いことの恩恵

  • 家族との時間が増える
  • プラーベートの時間が増える
  • ママ美容師など育児スタッフの働きやすい環境作り
  • 親や配偶者などの介護するスタッフの働きやすい時間設定

 

こういったことは、予約管理を徹底することから始まります。すべての顧客の時間軸に合わせて予約を受けるのではなく、美容室側で予約をコントロールしていきます。

 

顧客の半数以上が次回予約が確定すれば、残りの顧客の予約管理がとても楽になります。また、美容業には季節や日本の行事で繁忙月がありますが、混雑させずにより多くのお客様を獲得することができます。

 

これを実現させるためには、高単価で回転数が多い優良顧客を生涯顧客化していくことですよ。

RIKA

高単価で回転数が多い優良顧客を増やしていけば、低単価の客数を量産しなくても良くなりますね。

さわやかスタイリスト9年目タク

アシスタントの生産性アップ法
美容室のアシスタントが生産性を伸ばすには?具体例付き!

 

 

営業時間の問題点と課題

 

美容師の場合、営業が終了しても練習などの勉強会がとても多いですよね。上記のように半数近くの美容室は「9〜10時間未満」となっていますが、これはかなり長いのではないでしょうか。

 

美容師の労働時間がとても長い上に、練習や勉強会があると店舗にいる時間がかなり長くなりますよね。このことが理由に美容師を辞めていく人も多いです。

 

課題としては女性スタッフが結婚し、ママ美容師として育児をしながら仕事を続けられる環境を作っていくことも、課題なのではないでしょうか。

 

営業時間が長いことの問題点と課題

  • 労働条件が悪いと求人が難しい
  • ママ美容師など勤続が難しい
  • 長時間のため離職しやすい

 

これから少子化のために美容師が減っていくことに対しては早急に、見直した方が良いと思います。

RIKA

やめない子に育てる方法
サロンのスタッフ育成で辞めない子に育てるには?解決策は4つ。

 

 

具体的解決法と対策は?

 

営業時間を短くし、休憩時間を取りながら売上を上げていくことは可能なんですよ。上記したように高単価で回転数が多い優良顧客を増やしていきます。

 

単価は1万以上〜15000円の顧客を集め、再来店日数が短く回転数が多い顧客を、あなたの顧客から割り出してみてください。

 

そういった顧客の属性を集客し、増やいていくことが早道です。

 

高単価で利用回数が多い優良顧客を増やすことで、売上を増やしながら時間数を短くできまよね。次の手順としては次回予約をしていただくことなんです。

 

優良顧客の場合、次回予約を必ずしていく特徴があるんですよ。というのも、美意識が非常に高く美容師の提案通りに来店されます。

 

具体的解決策

  • 高単価で回転数が多い優良顧客を増やす
  • 低単価の客数を増やさない
  • 予約管理を徹底すること
  • 美容室側で予約をコントロールしていきます。

綺麗を保つために、時間とお金を使うという人が多いのが特徴ですね。

RIKA

 

美容師の提案は常連を増やす
美容室は次回提案するとリピート率アップ!7割は希望する実証データ。

 

 

顧客を増やして単価アップできる!明日からできる実践型ノウハウのメルマガ

↓     ↓     ↓

月40冊の無料プレゼント!

顧客化しながら単価アップする実践型ノウハウ

値上げしないで

『119日以内に客単価を10%も上げる方法』

\171人がダウンロード♪/

メルマガ登録新特典

コロナでも客離れしないポイントweb冊子

*限定のプレゼントです。お早めにどうぞ。

     

まとめ・・・美容室の営業時間の平均は9.4時間?利益率が69%も上がる解決策!

 

いかがでしたか?全国の美容室の1施設当たりの平均営業時間は9.4時間になっています。あまりにも長い労働時間は疲弊してしまいますよね。また半数以上が開店が9時台、閉店が18時台となっています

 

営業時間が短いことの恩恵

  • 家族との時間が増える
  • プラーベートの時間が増える
  • ママ美容師など育児スタッフの働きやすい環境作り
  • 親や配偶者などの介護するスタッフの働きやすい時間設定

営業時間が長いことの問題点と課題

  • 労働条件が悪いと求人が難しい
  • ママ美容師など勤続が難しい
  • 長時間のため離職しやすい

具体的解決策

  • 高単価で回転数が多い優良顧客を増やす
  • 低単価の客数を増やさない
  • 予約管理を徹底すること
  • 美容室側で予約をコントロールしていきます。

 

 

RIKAはこう思うよ。

改善されることは急務。

RIKA

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
向川 利果
向川利果/元一流パリコレ美容師/美容トータルプロデューサー/トップブランディングプルデューサー/コンサルタント/デジタルマーケッター|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。/テレ朝ワイドスクランブル・朝日出版社AERA解説/月間57万pvブログ運営中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2019 All Rights Reserved.