元一流パリコレ美容師リカさんからどうしても指名売上100万円いかないあなたへ

[美容室]男女の客単価の差は2300円も?!男性客単価が低い理由と解決策。

RIKA
WRITER
 
美容室の客単価
この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
元一流パリコレ美容師/サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!最強美容師プロデューサーRIKA(  @rich.beauty.tokyo)です。

 

美容室の客単価は女性客と男性客と2300円もの差があります。女性の客単価は6429円、男性は4067円です。

 

私も経験がありますが男性客の場合、「単価が上げにくい」とは思います。理由は男性は「いつもと同じ」が安心し「急な変化」を好みません。

 

美容室の男性の客単価を上げる解決策は、「いつもと同じが好き」「急な変化を好まない」に対して提案を計画的にしていくことです!

 

指名技術200万プレーヤーのRIKAが長年の美容師歴で実践してきた「美容室の客単価」について解説していきますね。

 

このサイトでは美容師に特化した『美容師マーケティングとWEBマーケティング』を詳しく解説中!ぜひ参考にしてね!

 

美容室の客単価は女性客と男性客の差が2300円!

 

美容室の客単価は前回の記事でも書きましたが、全国平均が6000円台です。
→美容室の客単価の平均は?9000円以上にするための秘訣とは?!

 

今回は女性客と男性客の客単価の違いや、その理由、改善点を書いていきますね。

 

男性のお客様は単価が上がりにくいというのは、美容師を経験しているのでよくわかります。

 

男性客の単価が上がりにくい理由

  • いつもと同じスタイルが安心する
  • 職業や立場によっては、パーマやカラーができない
  • 新しいことにチャレンジしたがらない、急な変化を好まない

 

 

女性客の単価が上がりやすい理由

  • 美容に対する意識や関心が高い
  • 職業や立場によって、パーマやカラーの許容範囲が広い
  • 新しいチャレンジが好き

 

男女の美容意識の違い

 

もともと女性は美意識が高く、美容に関心が高いために自らを綺麗にしようとします。カットだけでなく、パーマやカラーをセットでオーダーされます。

 

男性の場合美容室はサッパリするための場所で、「カットさえすればいい」「サッパリすればいい」という方が多いのではないでしょうか。

 

男性も学生さんの頃は関心が高くても、働き始めると忙しさでヘアデザインまで考えられないようです。「お任せしたい」や「いつもと同じ」というオーダーになりやすいですよね。

 

立場によるヘアデザインの規制

 

男性は職業によってはパーマやカラーの規制もあるようですが、昨今は一時期よりも規制は緩くなったように感じます。

 

ただ立場上「少し控えめにしなくてはならない」と、考える男性客も多いのではないでしょうか。ビジネスが有利に働くように見た目を良くしたいと思っているようです。

 

その点女性はパーマやカラーをしてもセットでまとめれば、カジュアル感を抑えることができます。

 

女性はチャレンジするのが好き!

 

男性は一度ヘアデザインを気に入ってしまうと、自らなかなか変えたがらない方も多いですね。ただ、スタイルチェンジの提案を丁寧にしていけば「やってみようかな」と言ってくださる方も多いですね。

 

ただその日に提案し、今日ヘアデザインを変える「急な変更」はNG。男性は、「いつもと同じ」であることに安心します。

 

「いつもと同じ」という計画を立てているので、次回や2〜3ヶ月後のデザインとして提案すると受け入れていただけます。

 

男性は、「心の準備」が必要なんです。

RIKA

 

女性は逆に急なデザイン変更も「魅力的になれる新しい自分」を想像できれば、チャレンジします。好奇心や自分の変化や進化を望むのは女性の方が強いですね。

 

提案力についてはこちらの記事も読んでみてくださいね!
提案力一覧

 

 

[女性客]2017年度の客単価は6,429円

 

リクルートが発表した、2017年度女性客の客単価は全体で6,429円です。

 

美容室の客単価

引用元:リクルート[美容センサス2017年上期]美容室・理容室の利用に関する実態

「美容室1回あたりの利用金額 平均」

URL:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/06/RecruitLifestyle_hba_hair_2017062101.pdf

 

 

年代別によっても変わる女性の客単価

 

 女性の客単価が最も高い年代

  • 1位 30代・・・7,073円(前年対比2.4%増)
  • 2位 20代・・・6,795円(前年対比4.3%増)
  • 3位 40代・・・6,508円(前年対比3.4%減)

 

 女性の客単価が最も低い年代

  • 1位 15〜19歳・・・4,723円(前年対比7.9%増)
  • 2位 70代・・・5,757円(前年対比2.9%減)
  • 3位 60代・・・5,983円(前年対比0.8%減)

 

 

女性の客単価の推移

 

 女性の客単価が最も増加した年代

  • 1位 15〜19歳・・・4,723円(前年対比7.9%増)
  • 2位 20代・・・6,795円(前年対比4.3%増)
  • 3位 30代・・・7,073円(前年対比2.4%増)

 

 女性の客単価が最も低下した年代

  • 1位 50代・・・6,480円(前年対比4.0%減)
  • 2位 40代・・・6,508円(前年対比3.4%減)
  • 3位 70代・・・5,757円(前年対比2.9%減)

 

 

[2017年度]女性の客単価のまとめ

  • 最も高い客単価・・・30代 7,073円(前年対比2.4%増)
  • 最も低い客単価・・・15〜19歳 4,723円(前年対比7.9%増)

 

  • 最も高い増加率・・・15〜19歳 4,723円(前年対比7.9%減)
  • 最も下がった減少率・・・50代 6,480円(前年対比4.0%減)

 

15〜19歳の客単価の伸び率がすごいですね。

イケメンスタイリスト7年目ケイ

一昔前とは違い、今はホームカットよりも美容室でやりたいというお子さんも増えていますね。

RIKA

 

 

[男性客]2017年度の客単価は4,067円

 

リクルートが発表した、2017年度男性客の客単価は全体で4,067円です。

 

引用元:リクルート[美容センサス2017年上期]美容室・理容室の利用に関する実態

「美容室利用率・利用経験率」

URL:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/06/RecruitLifestyle_hba_hair_2017062101.pdf

 

 

年代別によっても変わる男性の客単価

 

 男性の客単価が最も高い年代

  • 1位 50代・・・5,507円(前年対比14.7%増)
  • 2位 40代・・・4,956円(前年対比10.9%増)
  • 3位 30代・・・4,018円(前年対比6.6%減)

 

 男性の客単価が最も低い年代

  • 1位 60代・・・2,156円(前年対比49.8%減)
  • 2位 70代・・・2,633円(前年対比46.3%減)
  • 3位 15~19歳・・・3,056円(前年対比6.9%減)

 

男性の50代が最も高いですね。

イケメンスタイリスト7年目ケイ

50代はちょうど髪に対する悩みも多く、社会的な立場から身だしなみに最も気をつけているからだと思います。

RIKA

 

 

男性の客単価の推移

 

 男性の客単価が最も増加した年代

  • 1位 50代・・・5,507円(前年対比14.7%増)
  • 2位 40代・・・4,956円(前年対比10.9%増)
  • 3位 20代・・・3.979円(前年対比9.0%増)

 

 男性の客単価が最も低下した年代

  • 1位 60代・・・2,156円(前年対比49,8%減)
  • 2位 70代・・・2,633円(前年対比46.3%減)
  • 3位 15〜19歳・・・3,056円(前年対比6.9%減)

 

 

[2017年度]男性の客単価のまとめ

  • 最も高い客単価・・・50代・・・5,507円(前年対比14.7%増)
  • 最も低い客単価・・・60代・・・2,156円(前年対比49.8%減)

 

  • 最も高い増加率・・・50代・・・5,507円(前年対比14.7%増)
  • 最も下がった減少率・・・60代・・・2,156円(前年対比49,8%減)

 

 

まとめ・・・[美容室]男女の客単価の差は2300円も?!その理由と解決策。

 

いかがでしたか?女性と男性の客単価の差は2300円あります。男性の客単価は上がりにくいですが、解決策はあります。

 

男性客の単価が上がりにくい理由

  • いつもと同じスタイルが安心する
  • 職業や立場によっては、パーマやカラーができない
  • 新しいことにチャレンジしたがらない、急な変化を好まない

 

男性の客単価の解決策

その日に提案し、今日ヘアデザインを変える「急な変更」はNG。男性は、「いつもと同じ」であることに安心します。

次回や2〜3ヶ月後のデザインとして提案すると受け入れていただけます。

 

[2017年度]女性の客単価のまとめ

  • 最も高い客単価・・・30代 7,073円(前年対比2.4%増)
  • 最も低い客単価・・・15〜19歳 4,723円(前年対比7.9%増)

 

  • 最も高い増加率・・・15〜19歳 4,723円(前年対比7.9%減)
  • 最も下がった減少率・・・50代 6,480円(前年対比4.0%減)

 

[2017年度]男性の客単価のまとめ

  • 最も高い客単価・・・50代・・・5,507円(前年対比14.7%増)
  • 最も低い客単価・・・60代・・・2,156円(前年対比49.8%減)

 

  • 最も高い増加率・・・50代・・・5,507円(前年対比14.7%増)
  • 最も下がった減少率・・・60代・・・2,156円(前年対比49,8%減)

 

 

 

RIKA  @Rika_Mukaigawaはこう思うよ。
男性は客単価を上げにくいけど、一度気に入っていただくと生涯顧客になってくれますよ。

RIKA

 

 

  Follow Me!  

「リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ!」では各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローしていただけると嬉しいです。そして、少しでもお役に立てたなら、みんなにシェアしてくれると、めっちゃ喜びます。

    @rich.beauty.tokyo

     @Rika_Mukaigawa

     @R.B.A.TOKYO

 

どんなにがんばっても指名売り上げが上がらないあなたへ

値上げをしないで

「119日以内に客単価を10%も上げる方法!」

指名技術200万プレーヤーの私が築き上げたノウハウを

総ページ100ページ以上の大ボリュームWeb冊子にまとめました。

明日から実践できる、反応率4倍の集客方法、カルテの数値化や超具体的な提案方法が学べます。

無料web冊子で学ぶことで、いつでも明日から実行すればすぐに反応率4倍になります。

WEB冊子から1ページずつ送られてきます。あなたは読んで実行するだけです。

 

□ お客様の声  

キャリアコンサルタント美咲珠莉様

中略

カルテを作ろう!の章から以降、はっきり言って有料レベルです!どの項目を分析するか、なぜ分析するかまでしっかり書いてあって、無料で読んでしまい申し訳ない気持ちになったほどです!

顧客に関する「ストーリー」をみつけて付加価値のある提案を練る最強のネタ帳ですよね!

 

客単価アップ向川利果

この記事を書いている人 - WRITER -
RIKA
元一流パリコレ美容師/サロンコンサルタント/デジタルマーケッター/プロデューサー|パリコレクション・東京コレクションにて、ナオミ.キャンベル、ケイト.モスなどスーパーモデルを数多く担当。グローバルコングレス世界大会日本代表。国内外の豊富な実績や経験をもとに「売り上げ100万円」を目指している美容師やサロンにマーケティングをコンサルティング。異業種サロン系スーパーバイザーとして相談が後を絶たない。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リカさん!僕を人気者美容師にさせてくれ! , 2018 All Rights Reserved.